債務整理したらブラックリストに載るの?

ブラックリストとよく言われますがブラックリストという物自体は存在しません。

 

金融会社のブラックリストとして通常扱われているものは、信用情報機関のリスト、そして金融機関独自の自社のリストです。
信用情報機関のリストは、各金融会社が融資前に調査するものですが現在使用されている信用機関は、JICC、CIC、KSCの3つです。

 

債務整理をおこなった場合まずJICCのリストには記載されます。

 

記載期間は約5年間です。

 

 

CICとKSCの信用情報には、債務整理の場合記載されません。

 

また、債務整理の場合は官報にも掲載されます

 

官報の場合は、保存されるので、調査をしようと思えば各地の図書館などで、債務整理をしたかどうかについて調べることができます。

 

しかし、金融機関会社が元にするリストはあくまでも、信用機関の情報になるので、官報への記載を調べることはほとんどないでしょう。

 

もう一つは、直接ローン契約をしていて債務整理を行った相手のローン会社の自社リスト。このリストについては、各社独自の情報となるので何年経っても、消えることはありません。

 

つまり、債務整理を行った相手のクレジット会社、ローン会社で次回の新たにローンを組むことは、時間が経っても難しいということになります。


このページの先頭へ戻る