競売の申立て(決定)通知ってどういうもの?

債務者が債権者に対して正常な返済ができなくなると、債権者が裁判所に競売の申立てを行なうことがあります。
これは債務者の所有する不動産(債権者が担保としている不動産)を売却し、その売却代金で債権を法的に回収しようとするものです。

 

この申立てが認められると裁判所から債務者へ「競売開始決定」という通知が送達されます。

 

この書類には「債務者の所有する不動産を売却し、債権者への弁済に充てるため競売手続きを開始します」と記載されています。

 

文字通り「これから競売手続きを始めますからご承知おきください」といった単なる通知ですが、通知とはいえ、将来的に自宅が売却される運びになるのですからこれを機に対応を考えなければなりません。

 

ではこの競売開始決定通知を受け取った以降、債務者は何もできないのかというと、まったくそうではありません。実際に競売入札が行われるのは数カ月先のことですから、それまでにできることは幾つかあります。

 

自分なりに情報収集をしたり、専門家に相談することで現状より何か良い方法はないか模索できます。例えば任意売却をしたいと思えば、この段階ならまだ十分に間に合いますし競売を取り下げることも可能です。
ですから競売開始決定通知が送達されてきても決して慌てないことです。自分にできることを冷静に考えてみましょう。


このページの先頭へ戻る