自己破産とは

どうがんばっても借金が返せないという状況があります。
借金が増えすぎてしまった場合の他、病気や怪我で安定的な収入が得られなくなった場合など原因は様々です。

 

 

このような状態の債務者がいつまでも借金の取立てに苦しんでいるのを避けるため、破産法には自己破産という手続が用意されています。
自己破産は、自ら(代理人を通じてでも)、裁判所に破産したことを申立てる制度です。

 

この申立てが裁判所に受理されることにより、以降、債権の取立てが止まります。そして、裁判所主導で、債務者の財産を売却してお金に換え、債権者に平等に分配されます。
ただし、最低限の家財等の財産は手元に残すことが可能です。

 

以上に加えて、免責の申立てをし、裁判所に認められれば、残った債務については免責されます(通常は破産の申立てと同時に行います)。
免責されれば、以降の所得は借金の返済ではなく自分のために利用することができます。

 

破産してから免責が確定するまでの間(早いと数ヶ月、遅いと1年以上)は、資格制限があり、一定の業務ができなくなります(士業など)。
また破産は、信用情報機関の信用情報に登録されますので、数年間は新規の借入が難しくなる(実質、できなくなる)ことにも注意が必要です。


このページの先頭へ戻る