競売・任意売却との違いとは?

抵当権などの担保権を有している債権者が債権を回収するために担保を取っている不動産を処分する方法として競売と任意売却の二つがあります。

 

競売とは民事執行法等に定められた法律の規定に従って強制的に不動産を処分することを言います。

 

これに対して任意売却とは不動産を担保に取っている担保権者と不動産の所有者が協議をすることにより、売却する値段や方法を決めて処分することを言います。

 

任意売却は定められた法律の規定に従って手続きをするわけではなく、所有者と担保権者が任意に売却条件を決めて処分するところに違いがあります。

 

それから競売で不動産を処分するにおいて、複数の担保権者がいる場合でも、それぞれの担保権者が競売申し立てをすることによって手続きをすることができるので特に他の担保権者と協議する必要がありません。

 

これに対して任意売却は所有者と担保権者全員が協議して不動産を処分する条件を一致させる必要があり、任意売却をするためには、他の担保権者とある程度条件を話し合う必要があります。そのため競売のように自分だけで手続きを進めることができないところに違いがあります。

 

そして競売と任意売却のどちらで不動産を処分すればいいのかは、ケースバイケースなので一概にどちらがいいとは言えませんが、一般的に競売よりも任意売却のほうが高い値段で処分することができるので各担保権者も回収できる債権が多くなるので得をすることが多いと言えます。


このページの先頭へ戻る