債務整理するより自己破産したほうが得?

どっちが得か?という問題は一言で答えをだすのは難しいです。

 

まず、実際の返済金額について任意整理の場合、現在の残額の減額や、金利の減額は期待できますが任意整理の決定後も、債務の支払いを続ける必要があります。

 

自己破産の場合は、免責がおりれば現在の債務に対しての返済義務はなくなるので、返済については自己破産の方が得と言えるでしょう。

 

 

しかし、長い目で見た場合、自己破産をすると信用情報機関への情報掲載期間が長いです。

 

任意整理の場合はJICC1社だけの情報が5年間掲載されますが、自己破産の場合は、JICC、CIC、KSCCと言った3社の情報に8年間記載されます。

 

ちょうど8年で消えるというわけではないので1度自己破産をすると、約10年間はローンを組むことができません。

 

10年というのは非常に長い期間です。

返済金額によって損得を判断する

任意整理をして生活を立て直し5年間立てばローンも組めるようになり、住宅、車などの大型の買い物もできるようになりますが1度自己破産をしてしまうと、大きなローンは組めない為、いくら生活を立て直しても、10年間は自己資金で購入できる範囲のもの以外は手を出すことができません。

 

返済金額と、その後の立て直し期間のバランスを考えて、あまりにも、返済金額が多ければ自己破産の方が得。

 

減額して返せる額ならば、任意整理の方が得と考えた方がいいと思います。


このページの先頭へ戻る