任意整理とは

債務整理の中で、裁判所を通さずに債務者が債権者と直接交渉して行う整理を広い意味での任意整理と言います。任意整理は、多く弁護士等の専門家を間に立てて行います。債権者と債務者が合意できた内容で、以降の債務の支払いを行うことになりますが、この合意内容は契約書になるのが通常です。

 

任意整理については、無担保ローンを対象とした整理だけを指した狭い意味で使われることもありますが、広い意味での任意整理は担保の有無を問いません。

 

 

また整理した後の支払期間についても年数を区切ったり、圧縮できる債務の額について制限があると言われることもありますが、いずれも狭い意味での任意整理についてのものであって、本来は交渉で決まることですので、何ら制限はありません。
長期での分割返済であろうと、債務の減免であろうと、可能性は低いとは言うものの、交渉次第と言えます。

 

任意整理には、担保付ローンにかんする任意売却も含まれます。
主に住宅ローンにおいて、担保である自宅を売却し、売却代金を債権者に弁済した上で残余の財産について債権者と交渉して支払条件を定める手続きです。

 

このように、任意整理として何ができるか、は専門家の知識、経験、交渉力によって変わってくるので、任意整理は専門家に誰を選ぶかがとても重要です。


このページの先頭へ戻る