債務整理したら次はローン組めない?

債務整理を行った場合。その情報は、信用情報機関のリストと官報に記載されます。

 

金融会社は、ローン契約の事前審査の際、信用情報機関のリストと本人の情報を照合させ、過去に金融機関で事故がなかったか調査をするので信用情報機関のリストに掲載されている期間はローンを組むことは不可能です。

 

 

信用情報機関のリスト掲載は5年間と言われていますがちょうど5年間と考えるよりも、6年〜7年はローンを組めないと考えた方がいいでしょう。

 

信用情報機関のリストから、情報が消去された後は、任意整理前と同じ状況に戻りますので、ローンを組むことは可能です。

 

官報については、情報として残るので過去を遡っての調査は可能ですが、金融会社で過去5年以上の官報を調査するところはほとんどないでしょう。

 

しかし、任意整理対象となったローン会社については、自社所有の事故リストに掲載されることになり、その情報は、何年経っても消えることがないので、任意整理の対象となった
ローン会社、クレジット会社については、その後ローン契約をすることはできないでしょう。

 

しかし、任意整理した時と、年収や社会的なステータスがアップするなど明らかに状況が違う場合、再度、ローンを組めることがあります。

 

これについては、ローン会社の担当者の判断次第ということでしょう。銀行というのは信頼も重視するものです。

 

もし債務整理したことを口走ってしまったがためにストップがかかることもあります。口は災いのもと・・・。

 

信頼できる専門家に相談してみるのもひとつの手かもしれません。あきらめないで!!


このページの先頭へ戻る