ローンやクレジット、払うのが苦しいときは?

自分の支払い能力以上にローンやクレジットが重なってしまい、支払いが苦しくなったり、たとえ、計画的にローンを組んでいても、事故や病気、リストラなどの不測な事態によって今までは支払いができていたローン返済が厳しくなってしまうこともあります。

 

もしも、ローンの返済が厳しくなってしまっても、一番してはいけないことは、連絡をいれずに、ローンを延滞すること。

 

約定日に支払うのは無理だけど少し遅れて支払うことができるのならば、予め何日に入金するかローン会社やクレジット会社に連絡をいれなければなりません。

 

連絡を入れても、延滞料金は発生しますが遅れても支払いができているのなら、ローンの支払い契約は継続できます。

 

 

しかし、連絡なしの延滞、長期に渡る延滞の場合。

 

2ヶ月、3ヶ月後には、ローン会社から、規約違反として残金の一括返済が求められます。

 

月々の返済も厳しいというのに、残金の一括返済など不可能な話でしょう。

 

問題は、支払いを遅らせても、支払いの目処が立たない場合です。

 

借りているローンが一ヵ所ならば直接、担当者に相談し、金利を減らしてもらうなどで月々の支払い金額を少なくする交渉の余地があります。

 

もしも、数社に対してローン、クレジットの支払いがあるならばその場合は、個人で交渉するよりも、司法書士、弁護士などに相談をして債務整理の方向で話をすすめるのがいいでしょう。

 

支払えない場合、そのまま放っておくのが一番よくないことです。もしそれらを無視しつづけたら時間の問題最悪な事態になりかねません。

 

放っておいても残金は減らず、利子、延滞料が重なりさらに支払いの総額は膨れあがります。


このページの先頭へ戻る