特定調停とは

特定調停は平成12年2月から始まった比較的新しい制度です。

 

 

その特徴を以下ご説明させて頂きます。

 

(1)債務整理を目的としています。
ローンの処理を目的としていますが、今既に支払いが困難な方、のみならず、このままいくと近い将来、返済が滞ってしまいそうな方でも利用できることが特徴です。

 

(2)債権者と合意して債務整理ができます。
自己破産や個人再生は債権者の合意なく進む手続きであるのに対して、特定調停は任意整理と同様、債権者と合意して債務の返済方法を変更します。
このことは、債権者にも納得して債務整理に協力してもらい禍根を残しづらいというメリットがあります。

 

(3)裁判所の関与する手続きです。
特定調停は簡易裁判所が債務者と債権者の間に立って、調停案を作成し、両者が調停に参加するよう促してくれる制度です。
裁判所が行うため安心である、という点と、弁護士や司法書士と言った専門家が介在しないため、費用的に安く抑えることができる点にメリットがあります。

 

(4)特定調停が成立すると調停調書が作成されます。
債権者との合意内容が記載された調停調書が作成されます。以降はここに書かれた内容に沿ってローンを返済していきます。
債権者からの要求がこの調停調書に記載された内容と異なる場合には、調書をもとに反論することができます。
一方で調書に書かれていることを債務者が実行しない場合には(支払いが滞るなど)、債権者は調書を元に差押などを行うことができます。


このページの先頭へ戻る